MENU

あごが短い・二重あご・フェイスラインのもたつき

あごが短い、Eラインのバランスが整わない、あご下に脂肪がついて二重あごが気になる、フェイスラインがぼやけてきたなど、あご周りには様々なお悩みがあります。これらは骨格の問題だけではなく、筋肉の収縮が強いことや、あご周りに脂肪がついたこと、お顔全体のたるみが進んできたことなどが複雑に関係しています。治療の前に原因を把握することが大切です。

あご周りがシャープに見えない原因は複雑に重なり合っています

原因は骨格?筋肉?脂肪?たるみ?

あごが短く見えると言っても、単にあごの骨格だけが原因というわけではありません。骨格の問題だけでなく、筋肉、脂肪など様々な要素が関連しています。年齢を重ねるにつれて筋肉の収縮が強まり、筋肉が縮こまってしまったため、あご自体の形が変形してしまうこともありますし、さらにあご周りに脂肪がついたこと、お顔全体でたるみが進行し、フェイスラインがぼやけたことなども関係しています。

治療スタートは原因の見極めから

あご周りの形が整わないのは、いくつかの原因が複雑に重なり合っていることも多く複雑です。ご自身に最も合っている治療方法を見極めることが治療のスタートです。状態によっては、同時に複数の治療を行う必要もありますので、治療計画を一緒に考えてくれるクリニックに相談しましょう。

 

治療方法

あご周りの骨格が小さい

あご周りの筋肉が強い

あご下やフェイスラインに脂肪が多い

お顔全体にたるみが目立つ

あごやフェイスラインの形を整えるための原因別治療法

骨格の問題がある

生まれつき下あごの骨格が小さかったり、後退していることがあります。また成長過程において口呼吸の癖がある場合、下顎骨の発達が不十分になるケースもあると言われています。このように骨格面で問題がある際には、足りない骨のボリュームをヒアルロン酸注入で補ってやるとバランスが整います。

筋肉の収縮が強い

下あごの真ん中には、オトガイ筋というあごの筋肉があります。骨格の問題や口呼吸のある方は、オトガイ筋が強く収縮しやすい傾向にあります。骨格や呼吸に問題がない方でも、年齢と共に筋肉の緊張は強まり、梅干しじわが出現し、徐々に縮んだ筋肉の盛り上がりにより、下あごは丸くなり前方に突出し、あごの形が変形していきます。オトガイ筋にボトックスを注入すると、筋肉の強過ぎる収縮が緩まり、あごの変形を改善してくれます。

脂肪のもたつきがある

二重あごが気になったり、フェイスラインがぼやけているようなケースでは、HIFUにより脂肪細胞の排出を促し、部分やせの効果を狙うのも有効です。当院でのHIFU治療は、不必要な脂肪がある部分のみに照射して引き締めていきます。治療前に設計図のようなアセスメントシートを描いて、照射部位を相談した上で行いますので、必要以上に脂肪が減って頬がこけてしまったりという心配は要りません。

お顔全体のたるみがある

あご周りやフェイスラインのもたつきは、その部分にだけ原因があるわけではありません。お顔全体でたるみが進行した結果、支えを失った脂肪が重力に従い、上から下に落ちてきていることによる場合もあります。このようにお顔全体のたるみが、あご周りやフェイスラインのもたつきを引き起こしている場合は、下顔面のみの治療に留まらず、ヒアルロン酸注入とHIFUでお顔全体を治療してリフトアップを図ることが大切です。

治療料金

ダウンタイム
施術によっては、施術後に腫れや赤みなどの反応が見られる場合があります。
ダウンタイムについて施術の前にスタッフが必ず説明いたします。
ダウンタイムの詳細は、各ページ内に記載しておりますので、そちらでご確認ください。

あごやフェイスラインの形を整える Q&A

  • あごのボトックスとヒアルロン酸注射、どちらが先が良いですか?
    あごのオトガイ筋が強い方の場合、ボトックスを先にしておいて効果が十分に出ている期間にヒアルロン酸注入をするのが、ヒアルロン酸によってできたキレイなあごの形を保ちやすくオススメです。ですが、絶対にその順番でなくては出来ないというものでもありませんので、詳しくはご相談くださいね。
  • 二重あごが気になっています。HIFUハイフでいいでしょうか?
    単に脂肪を減らせば良いだけでしたら、HIFUハイフを複数回していただくのが良いと思います。しかし、二重あごが気になる方の中には、あごの骨格そのものが小さくて、脂肪が余っているように見える方もいらっしゃいます。その場合は、ヒアルロン酸注入で骨格のバランスを整えてやる方が効果的なこともあります。詳しくは診察時にお話しさせていただきますね。
  • あごのヒアルロン酸注射(注入)の合併症やリスクについて教えてください。
    一般的なヒアルロン酸注射(注入)の合併症と同じです。血管にヒアルロン酸製剤が詰まってしまうことによる血行障害が何より重篤なリスクです。その他では、注入後数カ月してから腫れやしこりが出現する遅発性アレルギーや、刺入部からの細菌感染なども可能性があります。
  • あごのヒアルロン酸注入を提案されました。あごが長くなるのではと心配です。
    ヒアルロン酸であごの骨格を整えるというと、あごが長くなると心配される方は多くいらっしゃいます。もちろんあごの長さを出した方が良い場合は、そのように注入します。しかし、長さは足りているけれども、前方へのボリュームが足りない場合もありますので、その際には長さは極力出さずに、前面のボリュームを足すように注入します。
page top
MENU CLOSE

ネット予約

「当院での受診が初めての方 」と「当院での受診が2回目以降の方 」で
ネット予約のページが変わりますので、下の該当するボタンよりお進みください。