はだいろはクリニックの
診療案内

MENU
しみ・あざ

一般的にしみと呼ばれているものの中には、
老人性色素斑
加齢・紫外線の影響でできる茶色いシミ

そばかす(雀卵斑)
遺伝的に発生することが多く、鼻を中心に両頬へ点在する小さな褐色斑

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
両頬、小鼻などにできる、灰褐色に見える斑点状の色素斑で、アザの一種の上記3つがあります。

これら3つのシミは、全てはだいろはで治療可能です。
はだいろはクリニックでは、Qスイッチルビーレーザーを使用しています。
照射時には、熱さやヒリヒリとした痛みがありますので、広範囲の治療をする場合は、塗る麻酔を併用します。
しみ全体にレーザーを照射するスポット照射に加え、点状に細かく照射しながらメラニンを選択的に破壊するフラクショナル照射も可能です。
また、ルビートーニングという低出力で顔全体に照射する方法は、色むらやくすみに効果的です。

しみの種類や肌質、それぞれのライフスタイルに合わせて照射法を選択していきます。
また、はだいろはでは、レーザー治療の成否は『炎症後色素沈着のコントロール』にあると考えています。レーザーを照射して終わりという治療では、炎症後の色素沈着に悩み、せっかくレーザーをしても満足度は低くなってしまいます。照射後はCOOLDERMというエレクトロポレーションを用いて、しっかり冷却しながら臍帯幹細胞由来CALECIM®︎を導入し、速やかに炎症を沈静化し、美白内服セットも併用して色素沈着予防を徹底しています。

レーザーでしみ治療を行なった後は、ゼオスキンをホームケアとして取り入れるといいでしょう。ゼオスキンはビタミンA誘導体を用いたスキンケアで、ビタミンA誘導体は光老化による肌ダメージを改善してくれます。

※ルビースポットワンポイント以外は、エレクトロポレーションでの臍帯幹細胞由来CALECIM®︎導入と美白内服セットが含まれます。
ダウンタイム
施術によっては、施術後に腫れ赤みなどの反応が見られます。
また、患者様のお肌により期間等も異なりますので施術前にスタッフが必ず説明いたします。
特別な日の為に来院頂いてもダウンタイムの期間に重なってしまう可能性がありますので、早めのご来院をオススメします。
メールまたはお電話で予めご相談いただければお返事させていただきます。
?専門用語の解説
ルビースポット
シミ全体にレーザーが当たるので、しみを除去する効果は高いですが、照射後1〜2週間はかさぶたが目立ちます。テープ保護が必要な場合が多いです。ある程度大きさや濃さのあるシミには一番適した方法です。
ルビーフラクショナル
シミに対してドット状に照射します。しみを除去する効果はスポット照射に比べると劣りますので、治療回数は3〜5回かかります。テープ保護不要なのが特徴です。
ルビープレミアム
ルビープレミアムとは、ルビースポット、ルビーフラクショナル、ルビートーニングを使い分けてお顔全体に照射する併用治療のことです。しみ、あざの一つ一つに対して最適な照射法を選択しながら、くすみや色むらの改善も同時にしていきます。
ルビートーニング
ルビートーニングは、低出力で顔全体に照射する方法で、色むらやくすみに効果的です。パチパチとした軽い刺激は感じますが、麻酔は必要ないくらいの痛みです。
臍帯幹細胞由来CALECIM®︎
臍帯幹細胞由来CALECIM®︎
CALECIM®︎(カレシム®)は、赤鹿の臍帯血幹細胞から分泌されるサイトカインが豊富に含まれた培養液です。上皮幹細胞由来のサイトカインと間葉系幹細胞由来のサイトカインの両方が、高濃度で含まれています。サイトカインは、細胞を増殖したり、傷ついた細胞を修復したりする際の司令塔の役割を果たすので、レーザー、ダーマペン、ピーリングなどの治療後に使用したり、ゼオスキンと併用するとダウンタイムを軽減し、より効果を高めることができます。
また、エレクトロポレーションでのCALECIM®︎導入もおすすめです。
パワフルな肌再生力を持つCALECIM®︎は、エイジングサインの出始めた全てのお肌に適した次世代のスキンケアです。
光老化とビタミンA
光老化という言葉をご存知ですか。
光老化とは、加齢による自然老化とは全く違うもので、太陽光線を長年浴び続けることによって引き起こされる、しみやしわなどの老化の徴候を指します。光老化は、肌老化の8割を占めているとも言われています。
また皮膚のみならず、目にも光老化は起こり、白内障などの原因となります。
健康のため、きれいな肌を保つため、光老化を予防することが大切です。
日傘、帽子、サングラスで太陽光からブロックしたり、季節を問わず日焼け止めを毎日塗ることも必要です。
しかし、それでも光老化を完全に防ぐことはできないので、受けたダメージを修復することも併せて考えないといけません。そこで重要なのがビタミンAです。 細胞の修復に必要不可欠なビタミンAですが、普段食事から摂取しているだけでは肌の修復には全く足りません。ですので、食事やサプリメントで摂取を心掛けながら、スキンケアで皮膚に直接ビタミンAを届けることも効率的な方法です。
はだいろはでは、光老化を防ぐため成分を吟味した日焼け止め(アルトラサン)やサプリメント(ドクターメロン)、ビタミンAの効果を実感できるスキンケア(ゼオスキン)をご案内しています。
page top
MENU CLOSE