BLOG

しみ治療の経過⭐︎レーザーによる色素沈着を抑えるケアが大切です⭐︎

みなさんこんにちは☺️

カウンセラーの加藤です!

 

最近ホットケーキミックスを使ったお菓子作りにハマっています♩

テレビやSNSで、ホケミ✨(ホットケーキミックスの略らしいです!笑)を使ったスコーンやマフィンなどのお菓子が紹介されていました🍪

簡単に作れて美味しいのでおすすめです♩

私がよく行くスーパーでは、まさかの売り切れが続いていてなかなか購入できず…😭

母親が見つけて送ってくれました🤩 これでしばらく堪能できそうです❤️

 

さて、、、今日の本題は『しみ・肝斑 治療の経過』についてです!

しみ治療はレーザーを照射したら終わり🤗

……だといいのですが、レーザーをしてから綺麗なお肌になるまでに

時間がかかります。

レーザー後からが、始まりと言ってもいいかもしれません!

 

また、肝斑はしみと同じようにレーザーを当てると悪化してしまう恐れがあるので、内服薬やビタミンA、美白剤を使って改善していきます✨(ピーリングや美容液の導入を行う治療もあります)

では、治療後どのような経過をたどっていくのか、

症例写真も入れながらお話していきますね☺️

 

まず、こちらは治療前のお写真です。

こちらの患者様は、

日光によるしみ(老人性色素斑)と肝斑 ありました。

頬骨の辺りにモヤッとしているものが、肝斑です

 

両頬のレーザーをされ、肝斑は内服薬とホームケアで改善していきます✨

 

治療してから、3週間後のお写真です。

しみが取れて、お肌が明るくなっていますね😆♫

レーザー後しみのところは、1週間から2週間の間に

瘡蓋になって剥がれ落ちます。

瘡蓋が取れたところは元のお肌に戻る過程で、炎症後の色素沈着

一時的に起こります。

程度の差は個人差がありますが、色素沈着と肝斑をより早く改善していく為に、内服薬とホームケアをしっかり行っていくことが、ポイントになります☝️

 

このホームケアで使っていくのがゼオスキンのアイテムです😸

今回ミラミン(美白剤)とデイリーPD(ビタミンA)を使用されました。

ゼオスキンのアイテムは、その方のお肌状態に合わせてご案内しています✨

 

2ヶ月半後の経過です。


肝斑は薄くなり、お肌は全体的にトーンアップしています😊

3週間後は瘡蓋も取れ綺麗になっていますが、2ヶ月半後のお写真では

先程もお話した炎症後の色素沈着左右の頬(↑丸印のところです)に

あります。これは大多数の方にみられる経過です。

 

この色素沈着は一時的なもので、半年ほどかけて薄くなっていくので、

まだまだこれからお肌が改善していきます👩🏻‍🦰✨

 

UV写真でも見てみましょう!!

↑丸印のところを見ていただくと、

治療前にあったしみが3週間後には取れていますが、

2ヶ月半後を見ると治療前のように濃くなっています。

UV写真だと、よりわかりやすく色素沈着の部分が確認できますね☝️

 

ここからさらにしみと肝斑、炎症後の色素沈着を改善していくために、

内服薬、ビタミンA、美白剤の継続使用がおすすめです😸

 

しかし、メラニン色素は確実に減り、お肌が白くなっているのがわかります😆

患者様自身も、お肌が明るくなったと喜ばれていました✨

内服薬とお家でのホームケアをしっかりしていただいた結果です☺️💕

 

今回ご紹介させていただいた患者様の経過は、ごく一般的な経過です😊

色素沈着の出かたは個人差があり、レーザー後ほとんど出ない方、

少し濃く出てしまう方と様々ですが、今回の症例を見ていただいて

治療を検討されている方の参考になればと思います🌿

 

 

箕面、豊中、吹田、池田、川西から便利な美容皮膚科

はだいろはクリニック

◼︎診療時間

900 -1700

◼︎休診日

日・月・火

◼︎診療内容

美容皮膚科・漢方皮膚科 (自由診療)

ご予約はネット予約またはお電話で承ります。

以下のボタンをクリックで、お電話の発信と(スマホのみ)とWEB予約へ飛べます。

 

院の様子、施術の動画をYoutube、Instagramで配信しています!

page top
MENU CLOSE