BLOG

シミ治療を計画されている方へ!レーザー治療を受ける前に知っておいてほしいこと!

お盆休み前、年末年始前などに多いのがシミ除去希望の方です。

今日のブログはこれからシミ治療を計画されている方向けになります。

クリニックに行かれる前にぜひ知っておいてほしいことを書きましたので、ぜひ一度目を通していただければと思います。

 

 

「シミ除去希望です!休暇があるのでテープも貼れます。お願いします!!」

と準備万端で美容クリニックに行かれても、残念ながらレーザー治療が出来ない場合があります。

※ここで言うレーザー治療はシミ除去用のカサブタのできるものを指しており、レーザートーニングではありません。

 

日光によるシミにはもちろんレーザーが必要です。

 

しかし、シミに肝斑を併発しているような、レーザーによる色素沈着が強く出そうな肌質の場合、いきなりレーザーをすると濃い色素沈着に何ヵ月も(〜時には何年も!!)悩むことになります。

(万一、濃い色素沈着が出てしまっても薄くする方法はありますので諦めずご相談ください。)

ですので、まずはスキンケアやメイクの見直しとトラネキサム酸内服から慎重に開始します。

この場合、レーザーが出来るのは早くても数カ月後になります。

 

長期休みの前にレーザーをと思われている方は、その数カ月前に一度診察を受けておきましょう❗️

いきなり長期休み前に受診しても、レーザー出来ない可能性があります。

 

話を戻しますが…

色素沈着が出やすい肌というのは肝斑を合併していることがほとんどです。

ですので、当院ではレーザー治療前に【肌撮影装置re-Beau】でUV写真を撮って、肝斑の有無を必ず調べます。

 

 

肉眼的に肝斑はないと思われる方も、UV写真では肝斑があることが多々あり、日本女性にはホント肝斑が多いと感じますね。

 

頬部だけでなく広範囲に色素斑が見られた肝斑症例のUV写真

↓     ↓     ↓

 

肝斑にはトラネキサム酸内服が大事ですが、スキンケアやメイクの成分選びや、擦らない動作もとても大切です。

 

毎日の行動を変えるというのは大変なことです。

特に肝斑やシミを隠したいとコンシーラーを塗ってカバーしていたような方には、それをやめてくださいというのは受け入れ難いことだと思います。

でも、それを変えないと良くならないのが肝斑です。

レーザートーニングやピーリング等の肝斑に効くと言われている治療も、メイクやクレンジングなどによる慢性的な炎症が続いている限り、効果は限定的です。

忍耐力が必要ですが、メイクで隠さなくても良い肌を手に入れるため、ぜひ頑張っていただきたいところです。

 

【本日のまとめ】

◎レーザー治療の前には必ず肌撮影をして肝斑の有無を調べる

◎肌撮影装置はre-BeauまたはVISIAが精度が高くオススメ

 

皆さま、満足のいくシミ治療ができますように!

お読みいただきありがとうございました。

院長 井上 礼奈

(これは2020年5月のブログに加筆修正したものです)

\ この記事をシェアする /

大阪梅田から約20分で通える箕面の美容皮膚科
豊中、吹田からも便利です

はだいろはクリニック

◼︎診療時間
900 -1700

◼︎休診日
日・月・火

◼︎診療内容
美容皮膚科・漢方皮膚科 (自由診療)

ご予約はネット予約またはお電話で承ります。

以下のボタンをクリックで、お電話の発信と(スマホのみ)とWEB予約へ飛べます。

院の様子、施術の動画をYoutube、Instagramで配信しています!



\ この記事をシェアする /
院長 井上礼奈
このブログを書いた人
院長
井上 礼奈
もしお顔のしみがなかったら、、、
もししわが目立たなくなったら、、、
お肌が健やかで若々しいと鏡を見るのが楽しくなります。
新しい洋服やヘアスタイルにも挑戦したくなります。
はだいろはクリニックは、皆さまが毎日の生活をより前向きに楽しむためのお手伝いをさせていただきます。
当院はこじんまりとしたアットホームなクリニックです。
どうぞお気軽にご相談ください。
院長 井上礼奈
このブログを書いた人
院長
井上 礼奈
page top
MENU CLOSE

ネット予約

「当院での受診が初めての方」と「当院での受診が2回目以降の方」で
ネット予約のページが変わりますので、下の該当するボタンよりお進みください。