BLOG

剥け過ぎ注意! ゼオスキンの“使い方”で肌状態は変わります。症例あり◎

こんにちは〜 カウンセラーの田辺です。

たくさんブログでお伝えしているゼオスキンですが、今回は

使い方で肌状態が変わる!


という症例をご紹介します!

ゼオスキンを使ったら肌がキレイになる!とご存知の方は多いと思いますが、肌に合わない使い方や間違った使い方をすると、逆効果になることもあります。

もちろん、正しく使えばお肌はキレイになりますよ◎

当院でもゼオスキンでキレイになられた患者様をたくさん見ていますし、私たちも身をもって効果を実感しています。
なので院長もスタッフもゼオスキンが大好きで、いつも自信を持って患者様にオススメしています♪

しかし、ゼオスキンの良さを実感する為には、ただゼオスキンを使えば良いんじゃないんだよ〜という事もきちんと知っていただきたいので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。

 

では、まずゼオスキンについて簡単に復習を↓↓

ゼオスキンとは

ビタミンA美白剤を取り入れた医療機関専門のホームケア。
シミ、肝斑、ニキビ、毛穴、小ジワなどの改善を見込め、キメを整え、ハリも出してくれるのでお肌全体がキレイになります◎

ビタミンAには数種類あり、当院ではビタミンAの強さ順に、治療(トレチノイン)・攻め(高濃度レチノール)・守り(パルミチン酸レチノール)のプログラムがあります。

 

簡単にお伝えしただけでも、やっぱりゼオスキンは魅力的ですね♪
当院にもゼオスキンをしてみたい!という方がたくさん来られます。

しかし、肌に合わない使い方をすると

・強い炎症(赤みなど)
・肝斑の悪化(くすみ)
・色素沈着(くすみ)

これらを引き起こしてしまうこともあります。
効果は高いけど、単純には使えないのがゼオスキンです。

例えば、ゼオスキンは「皮むけさせるほどキレイになる」、「たくさん塗った方が効果が高い」というイメージをお持ちの方も多いですが、必ずしもそうとは限りません。

もちろん、シミのお悩みの場合、キレイにするにはある程度の皮むけは必要です。
しかし、皮むけが起きるという事は、お肌に刺激を与え、一時的に炎症を起こしていることにもなります。

ではここで、肌状態に合わない使い方をするとどうなるか、実際の症例を見てみましょう。

こちらの写真は、アイテムや使用量を変更して2週間後のものです。

お写真のご協力、ありがとうございます!

 

【症例】

 

●年齢 : 40代

●お悩み : 肝斑、シミ

●治療内容

ゼオスキン攻めプログラム
(アイテムと使用量の変更)

●スタッフコメント

元々他院で処方されたトレチノイン(ビタミンA)とハイドロキノン(美白剤)を3ヶ月使用後、ゼオスキンの高濃度レチノールのプログラム(当院で言うと攻めプログラム)をされていました。
しかし、ゼオスキンの使用経過について疑問を持たれたため、当院にご来院されました。

※ゼオスキン販売元のキュテラ社からも、ゼオスキンは販売したクリニックで責任を持って指導するよう通達されています。当院でも他院購入のゼオスキンアイテムについてはアドバイスができませんが、お使いのゼオスキンアイテムの使用が終わったタイミング、もしくはご使用をストップ頂ければ、当院での診察に基づき、再スタートが可能です。

 

診断結果は
・肝斑、シミ(老人性色素斑)あり
・肌の炎症が強く、肝斑の悪化を招いている

という事で、炎症をまず抑えるため
・シミ、肝斑により効果的な高濃度レチノールアイテムに変更
・アイテムの使用頻度、使用量の変更
・ゼオスキンの美白剤を追加

上記を行いました。

すると、2週間でかなり炎症が落ち着きました!
赤み写真(炎症の状態が分かる写真)でも、通常の写真でも変化が分かりますね(^^)


この後はご本人の希望で治療プログラムに取り組まれました。
(開始時期は肌状態を診て判断いたしました。)

 

ダウンタイム

 【ゼオスキンヘルス】
皮剥け・赤み・乾燥感・ひりつき・火照り

 

 

ゼオスキンを使うにしても、アイテムや使用量によってこんなにも違いが出ます。

・どのような肌悩み、どのような肌状態なのか
・皮むけの程度はちょうど良いのか
・炎症が起きすぎていないか
・アレルギー反応が出ていないか

これらをきちんと見極めて正しくゼオスキンを使用することで、肌をキレイにしていくことができます。

 

しかし、アレルギー反応とゼオスキンの通常の反応が似ていたり、肌状態により皮むけのできる程度も異なるため、自己判断は危険です。
絶対におやめくださいね(>_<)

きちんと医療機関で医師の診断の下、肌状態に合わせて使用方法・使用量を調整することが大切です。

しかし、本来クリニックでのみ購入できるはずのゼオスキンが、クリニックを通さずネットで購入できてしまう事があり、肌かぶれを起こしたとお悩みの方も出てきています。


この場合、皮膚科やクリニックに駆け込まれても、ステロイドの処方はしてもらえるかもしれませんが、ゼオスキンについては
「購入されたところで診てもらってください」となってしまい、アドバイスをもらう事はできません。

これからゼオスキンに挑戦してみようとお考えの方は、必ず適切なフォローが受けられるクリニックでご購入くださいね。
当院でゼオスキンを始められるのも、もちろん大歓迎です♪

お待ちしております(^^)

ゼオスキンの効果についてもっと詳しく知りたい!という方は、他にも症例ブログがございますのでそちらもご覧ください。

ゼオスキン 終了レポ ~ 後編 ~

ゼオスキンでどこまでキレイになるのか?症例写真のご紹介◎

 

\ この記事をシェアする /

大阪梅田から約20分で通える箕面の美容皮膚科
豊中、吹田からも便利です

はだいろはクリニック

◼︎診療時間
900 -1700

◼︎休診日
日・月・火

◼︎診療内容
美容皮膚科・漢方皮膚科 (自由診療)

ご予約はネット予約またはお電話で承ります。

以下のボタンをクリックで、お電話の発信と(スマホのみ)とWEB予約へ飛べます。

院の様子、施術の動画をYoutube、Instagramで配信しています!



\ この記事をシェアする /
page top
MENU CLOSE

ネット予約

「当院での受診が初めての方」と「当院での受診が2回目以降の方」で
ネット予約のページが変わりますので、下の該当するボタンよりお進みください。