BLOG

額のシワ問題はどう考える?ボトックスで良いの?根本的原因から治療法を考える!

こんにちは。

今日の大阪は雨模様です☂️

この時期の雨は紫陽花を綺麗に見せてくれるので好きなんですが、頭痛持ちには辛いです。

(紫陽花【佳澄】です。澄んだ水色が好き。)

 

私の頭痛センサーは低気圧をいち早く感知する高感度センサーですので、昨日午後から頭皮にピリピリとした痛みが走っていました😂

この痛みはアロディニア(異痛症)と呼ばれていて片頭痛の人に多い症状です。

本来なら痛みを感じることがないはずの僅かな刺激でも強い痛みを感じる感覚障害です。

私は片頭痛発作が来る前に前兆として現れることが多いです。

例えばちょっとした刺激で頭皮に激痛が走るので、ブラシで髪をとかせません😅

風で髪が揺れてもピリピリと痛みが出ます。(冗談ではなく😂)

本当に不思議な現象です。

そんな片頭痛が出やすいので、低気圧をいつも警戒している私ですが、天気が崩れるのは週末が多く、診療日は天気が良いので診療にあまり影響せず助かっています。昨日も土曜日で忙しかったですが何とか乗り切れました❗️

 

さてさて、今日は額のシワのお話しです。

額の横じわは前頭筋の収縮によってあらわれます。

「では、前頭筋の収縮をボトックスで抑えましょう!ジャンジャン!!」

で、簡単に片付くかというとそうではないのが難しいところです😓

 

 

なぜなら、額のシワが目立つほど前頭筋をよく使っている方には、前頭筋を酷使しなければいけない理由が存在するからです。

(たまに単に表情豊かだから前頭筋をよく使うという人もいますが、日本人には珍しいタイプです。)

前頭筋を酷使する理由で一番多いのは、目の開きが悪いため前頭筋の力も借りている場合です。具体的には、眼瞼下垂で目が開きづらい方や上眼瞼の脂肪が多くて大きく開眼しづらい方、加齢による骨の菲薄化で余剰皮膚ができてしまっている方などです。

このような方に対して、額のシワがあるからとボトックスで前頭筋の収縮を止めてしまうと、自覚症状として瞼が重たく目が開きづらい感じが出やすいです。

 

ですので、そのような場合、私は従来よりマイクロボトックスと言って、前頭筋内にボトックスを注入するのではなく、皮膚直下の浅い層に少量ずつボトックスを注入する方法を取ってきました。

 

これはちょうど良い効き具合で、額に艶も出るし、とても良い治療ではあるのですが、難点は持続期間が短いことです。

筋肉に効かせる通常のボトックスで、持続期間が5か月程。

それに対しマイクロボトックスは3か月程です。

当院では、厚労省認可のジュビダームビスタを使用しつつも、なるべく継続しやすい価格設定にはしておりますが、さすがに3か月は短いと思っていました。

また、前述の前頭筋を過剰に使う要因のうち、加齢による骨の菲薄化で余剰皮膚ができて開眼しづらくなっている場合についても併せて治療できないかとも考えていました。

 

そこで登場したのがエランセ(PCLポリカプロラクトン)やボリューマXC・ボリフトXC(ヒアルロン酸)などの注入剤です。

 

えっ?

額のシワって筋肉の問題じゃないの?

なぜヒアルロン酸?

なぜエランセ?

 

と思われた方はかなり美容医療にお詳しいですね!

 

ボトックスは筋肉の動きによるシワを改善するものですが、最近はヒアルロン酸などの注入剤でも筋収縮の調整効果があるらしいと分かってきました。

これはmyomodulationと呼ばれ、注目されている考え方です。(まだまだ検証が必要ですが)

 

現在の考え方は

筋肉の過緊張がある

→ボトックスで収縮を緩めよう

ですが、もしかしたら近い将来は…

 

筋肉の過緊張がある

→その原因は?

→骨や軟部組織の減少あり

→では注入剤で補おう

 

になるかもしれません。

 

まだまだ検証は必要ですが、前頭筋や口角下制筋、オトガイ筋においては、経験的にも筋収縮緩和効果は見込めると判断し、ボトックスが使いづらいときはエランセやヒアルロン酸注入によって治療をしています。

額ではエランセを使用することが多いですが、前頭筋の緊張がとれて横じわが軽減しますし、骨の菲薄化による凹みも良くなりますので、満足度も高い治療となっています。

口角下制筋やオトガイ筋の領域ではボリューマXCを使うことが多いです。筋収縮を抑えて口角がupし、顎の梅干しじわがなくなるだけでなく、下顎骨のボリュームも補いますので顎のラインが洗練され、マリオネットラインも改善します。

ボトックスとは違い、持続期間が長いのも嬉しいポイントです。

注入剤の種類や量、場所により異なりますが、概ね1年半以上は持ちます。

 

額のシワは気になるけれど、ボトックスが良いのか、ヒアルロン酸が良いのか、はたまたエランセなのか…それは最終的にケースバイケースですので、ご相談くださいね。

お待ちしています☺️

最後に…エランセを額に入れたスタッフがレポートを書いてくれていますので、ぜひご一読くださいませ。【エランセ】自身のコラーゲンを増やす(コラーゲンブースター)で自然な若返りを実現!

 

箕面、豊中、吹田、池田、川西から便利な美容皮膚科

はだいろはクリニック

◼︎診療時間

900 -1700

◼︎休診日

日・月・火

◼︎診療内容

美容皮膚科・漢方皮膚科 (自由診療)

ご予約はネット予約またはお電話で承ります。

以下のボタンをクリックで、お電話の発信と(スマホのみ)とWEB予約へ飛べます。

 

 

箕面、豊中、吹田、池田、川西から便利な美容皮膚科

はだいろはクリニック

◼︎診療時間

900 -1700

◼︎休診日

日・月・火

◼︎診療内容

美容皮膚科・漢方皮膚科 (自由診療)

ご予約はネット予約またはお電話で承ります。

以下のボタンをクリックで、お電話の発信と(スマホのみ)とWEB予約へ飛べます。

院の様子、施術の動画をYoutube、Instagramで配信しています!

院長 井上礼奈
このブログを書いた人
院長
井上 礼奈
もしお顔のしみがなかったら、、、
もししわが目立たなくなったら、、、
お肌が健やかで若々しいと鏡を見るのが楽しくなります。
新しい洋服やヘアスタイルにも挑戦したくなります。
はだいろはクリニックは、皆さまが毎日の生活をより前向きに楽しむためのお手伝いをさせていただきます。
当院はこじんまりとしたアットホームなクリニックです。
どうぞお気軽にご相談ください。
page top
MENU CLOSE