BLOG

敏感肌ですがzo skinゼオスキン使えますか?

光老化によるダメージを改善するzo skinゼオスキン。

当院では半数くらいの方にお使いいただいており、「魔法みたい。」というお声をいただくほど目に見える効果がでます。

はだいろはスタッフも全員ゼオスキンユーザーです。

最近はInstagramなどでもzo skinに注目が集まっているようで、「ゼオスキンを始めたいです。」と当院をご予約いただくことも増えました。

非常にコストパフォーマンス良く綺麗になれるアイテムなので、もっともっと広めていきたいのですが、注意すべき点はあります。

 

今回ははだいろはでゼオスキン使用に際し、気を付けている点についてお話しします。

 

肌のバリア機能に問題がある敏感肌、アトピー、化粧品アレルギーの既往がある方の場合、ゼオスキンは慎重に開始する必要があります。

 

ゼオスキンは肌を潤し労わるスキンケアではありません。

 

ゼオスキンは家で出来る『薬』であり『治療』です。

 

ですので、副作用のリスクがあります。

そのリスクをご理解頂いた上で上手に使い熟してくださいね!

 

 

ゼオスキンと言えばビタミンA。

ゼオスキンを始めたいという方は、ビタミンAの良さを実感したいわけですから、ほぼ100%ビタミンAアイテムは使用されると思います。

ですので、どのビタミンAのアイテムを選ぶかが重要になります。

今日は『ビタミンA誘導体を含むアイテム』を選ぶ際の注意点についてお伝えしますね。

 

ゼオスキンで使用するビタミンAアイテムは下記の7点になります。

(トレチノインは医薬品なので別途処方されますが、ゼオスキンを使用する際に用いられるので便宜上入れています。)

  • トレチノイン(別途処方)
  • ARナイトリペア
  • Wテクスチャーリペア
  • スキンブライセラム0.5
  • スキンブライセラム0.25
  • デイリーPD
  • RCクリーム

 

「肌の丈夫さには自信があります。市販のどのスキンケアを使っても、今まで化粧品かぶれはしたことがありません!」

という方はこの7アイテムどれでもご自由にどうぞ!!!

 

しかし、肌のバリア機能に問題がある敏感肌、アトピー、化粧品アレルギーの既往がある方が、高濃度レチノールやトレチノインを使用する場合、過度の炎症やアレルギー(接触皮膚炎)を招く可能性があります。

 

具体的には下記のアイテムを使用する場合に注意が必要です。

  • トレチノイン(別途処方)
  • ARナイトリペア
  • Wテクスチャーリペア
  • スキンブライセラム0.5
  • スキンブライセラム0.25

 

ビタミンA誘導体を使用すると、レチノール反応というターンオーバー促進に伴う落屑や炎症がみられます。

これは誰にでも起こる通常の反応ですが、肌のバリア機能に問題がある敏感肌、アトピー、化粧品アレルギーの既往がある方の場合、このレチノール反応が強く生じたり、レチノール反応に伴う皮膚バリア機能の崩壊がアレルギーを招いたりといったことが考えられます。

 

ですので、このような方にはいきなり高濃度レチノールや、ましてやトレチノインの使用はオススメいたしません。

 

マイルドなビタミンA誘導体が主体のデイリーPDまたはRCクリームからスタートしましょう!

 

 

箕面、豊中、吹田、池田、川西から便利な美容皮膚科

はだいろはクリニック

◼︎診療時間

900 -1700

◼︎休診日

日・月・火

◼︎診療内容

美容皮膚科・漢方皮膚科 (自由診療)

ご予約はネット予約またはお電話で承ります。

以下のボタンをクリックで、お電話の発信と(スマホのみ)とWEB予約へ飛べます。

 

箕面、豊中、吹田、池田、川西から便利な美容皮膚科

はだいろはクリニック

◼︎診療時間
900 -1700

◼︎休診日
日・月・火

◼︎診療内容
美容皮膚科・漢方皮膚科 (自由診療)

ご予約はネット予約またはお電話で承ります。

以下のボタンをクリックで、お電話の発信と(スマホのみ)とWEB予約へ飛べます。

院の様子、施術の動画をYoutube、Instagramで配信しています!

院長 井上礼奈
このブログを書いた人
院長
井上 礼奈
もしお顔のしみがなかったら、、、
もししわが目立たなくなったら、、、
お肌が健やかで若々しいと鏡を見るのが楽しくなります。
新しい洋服やヘアスタイルにも挑戦したくなります。
はだいろはクリニックは、皆さまが毎日の生活をより前向きに楽しむためのお手伝いをさせていただきます。
当院はこじんまりとしたアットホームなクリニックです。
どうぞお気軽にご相談ください。
院長 井上礼奈
このブログを書いた人
院長
井上 礼奈
page top
MENU CLOSE