BLOG

きれいな肌を育てよう‼︎ 習慣性敏感肌

患者さんに「スキンケアは取り扱いないんですか?」とよく尋ねられますが、元来のこだわりが強い性格上なかなかこれという製品に出会えず、吟味を重ねているうちにもう6月になってしまいました。

でも、やっと1つだけ導入が決まりましたのでお知らせします。

MediQOL(メディコル)です!

 

洗顔しただけで、皮膚に赤みが出る

日焼け止めを塗ると痒くなる

目の周りに色素沈着が目立つ

こうした悩みを抱えている方々がたくさんいらっしゃいます。

こうしたバリアが低下しトラブルをくり返しがちな肌の状態を、 “習慣性敏感肌” と呼び、そのケアのために開発されたスキンケアがMediQOL(メディコル)です。

 

健やかな皮膚を保つには、「バリア」と「水分」が大切です。

皮膚のバリアには、いくつもの関門が用意されています。第一関門が「皮脂膜」、第二関門が角質細胞とその隙間を埋める「細胞間脂質」で、ラメラという強固な構造を持っています。そして水分は、細胞を健やかにして皮膚に柔軟性を持たせるために必須です。

“習慣性敏感肌”の原因は、「バリア」の低下と「適正な水分」の減少であると考えられています。

MediQOL(メディコル)は、皮膚のバリアのために「皮脂」と「細胞間脂質」で補湿し、皮膚を健やかにするアミノ酸、ビタミン類、無機質、補酵素、糖を配合した「水分」を補充することで、健やかな肌に近づけていきます。

『MediQOL(メディコル)』はヒトの皮膚を構成する成分をもとに作られ、本来皮膚には含まれていないアルコール・防腐剤・界面活性剤*・香料・着色料・鉱物油は使っていません。

しみのレーザー治療をする際も、過敏なお肌は炎症後の色素沈着が起きやすいので、事前に状態を整えておくのは大切になります。

レーザー治療を受ける前、レーザー治療後の刺激を避けたい時期のケアに、特にお勧めします。

スキンケアの基本は、必要なもののみ足し、必要ないものは入れないこと

美白ケアに、リンクルケアに、、、ついつい足し算になりがちなスキンケアを、一度原点から見直して見るのも良いのではないでしょうか?

本来の健康な肌には実はそれほど多くは要らないのです。

私も美白剤のハイドロキノンを使ったり、リンクルケアにトレチノインを塗ることもありますが、短期間のみです。ハイドロキノンやトレチノインは肌治療であり、スキンケアではないので普段のケアはごくごくシンプルです。

スキンケアジプシーの方は是非トライして見る価値があると思います。

スキンケアのミニマリストを目指しませんか?

 

院長 井上礼奈
このブログを書いた人
院長
井上 礼奈
もしお顔のしみがなかったら、、、
もししわが目立たなくなったら、、、
お肌が健やかで若々しいと鏡を見るのが楽しくなります。
新しい洋服やヘアスタイルにも挑戦したくなります。
はだいろはクリニックは、皆さまが毎日の生活をより前向きに楽しむためのお手伝いをさせていただきます。
当院はこじんまりとしたアットホームなクリニックです。
どうぞお気軽にご相談ください。
page top
MENU CLOSE