BLOG

【たるみ治療】ヒアルロン酸注入とハイフHIFU、どちらからしたらいい?

こんにちは😊

たるみ治療と言えばヒアルロン酸とハイフHIFU(ウルトラセルQプラス)❣️

 

ヒアルロン酸とハイフの配分や照射箇所などは、個々のお顔立ちにより変わりますが、たるみを改善していこうと思うと、ほぼ全ての方に両方必要になります。

 

ヒアルロン酸とハイフはたるみ改善にどう働きかけているの?

 

簡単に言うと

ヒアルロン酸は足し算

ハイフは引き算

になります。

 

ですので、

痩せ型さんはヒアルロン酸多め、ハイフ(ウルトラセルQプラス)少なめ

ぽっちゃりさんはヒアルロン酸少なめ、ハイフ(ウルトラセルQプラス)多め

でご提案することが多いです。

 

たるみが進むとボリュームが減っている部分(青で囲んだ部分)ボリュームか余っている部分(赤で囲んだ部分)が出来ます。

 

青にヒアルロン酸注入でボリュームを足してやって、赤のボリュームをハイフで減らしてやるというのが、ヒアルロン酸とハイフの基本的な使い方になります。

その結果、ボリュームが赤から青へ移動したよう引き上がった重心UPしたお顔立ちに❣️

足し算、引き算、ベクトル移動と数学みたいですね。

お顔のシワやたるみを部分的に見るのではなく、全体的に捉えるというのが自然な若々しさを目指すコツかなと思います。

3040代のたるみ改善をしたい方で、ヒアルロン酸やハイフが必要ないという方はいらしゃらないと言い切れるくらい、どなたにも適応となる基本治療です。

 

どちらを先にしたらいいですか?

という質問をよくいただきますが、

「赤の部分と青の部分のどちらがより目立つのか?」というのが、ヒアルロン酸注入とハイフのどちらを優先して治療するのかを決める一つの考え方かもしれません。

赤の重みがかなりある▶︎ハイフからスタート

青の凹みが目立つ▶︎ヒアルロン酸からスタート

これは絶対的な順番ではありませんが、満足感を得やすい順番とは言えると思います。

 

\ この記事をシェアする /

大阪梅田から約20分で通える箕面の美容皮膚科
豊中、吹田からも便利です

はだいろはクリニック

◼︎診療時間
900 -1700

◼︎休診日
日・月・火

◼︎診療内容
美容皮膚科・漢方皮膚科 (自由診療)

ご予約はネット予約またはお電話で承ります。

以下のボタンをクリックで、お電話の発信と(スマホのみ)とWEB予約へ飛べます。

院の様子、施術の動画をYoutube、Instagramで配信しています!



\ この記事をシェアする /
院長 井上礼奈
このブログを書いた人
院長
井上 礼奈
もしお顔のしみがなかったら、、、
もししわが目立たなくなったら、、、
お肌が健やかで若々しいと鏡を見るのが楽しくなります。
新しい洋服やヘアスタイルにも挑戦したくなります。
はだいろはクリニックは、皆さまが毎日の生活をより前向きに楽しむためのお手伝いをさせていただきます。
当院はこじんまりとしたアットホームなクリニックです。
どうぞお気軽にご相談ください。
院長 井上礼奈
このブログを書いた人
院長
井上 礼奈
page top
MENU CLOSE

ネット予約

「当院での受診が初めての方」と「当院での受診が2回目以降の方」で
ネット予約のページが変わりますので、下の該当するボタンよりお進みください。