BLOG

はだいろはのしみ・あざ治療はテープを貼らなくてもOKです。

ブログ更新をサボっている間、我が家では遅めのインフルエンザが猛威をふるっておりました?
 
順番にかかっていき、結局、私以外の全員が熱を出しました。
 
私は体力がない方だと自負?しておりますが、インフルエンザには負けませんでしたよ。
 
 
意外と?強いのか、、、
 
 
はたまた漢方(麻黄湯)が効いたのか、、、
 
 
正解はどちらでしょうか?
 
 
 
 
 
さてさて、クリニックの治療メニューについてもそろそろお話していかないとね。
 
 
 
今日はしみ・あざ治療についてです。
 
 
 
「しみは取りたいけれど、顔にテープを貼るのは目立つから。。」
 
とためらうお声を今までよくいただいていました。
 
 
そのお気持ちよ〜〜〜く分かります。
 
 
 
仕事をしていたり、子供の送迎があったりすると、毎日何人もの人と顔を合わせるわけですし、その度に『説明』をすることを考えるとウンザリしますよね。
 
 
 
家族や友人だけならいいし、通りすがりの赤の他人も大丈夫だけれど、微妙な距離の人間関係に顔にテープ貼って乗り込んでいく勇気が出ない気持ち分かります。
 
 
 
でも、そんなことでしみをそのままにするなんて勿体ない!
 
 
 
はだいろはでは『かさぶたが出来ない』『テープを貼らなくても大丈夫』なしみ治療を行います!
 
 
 
この治療を可能にするために、フラクショナルQスイッチルビーレーザーを導入しました。
 
 
 
フラクショナルというのは『点状』という意味で、点状に細かくレーザーを照射しながらメラニンを選択的に破壊するこの方法では、かさぶたも出来ず、テープも不要、翌日からメイクも可能なのです。
 
ただ1回では不十分なので、目安としては、
1カ月に1度、3回から5回くらい必要です。
 
 
ルビーフラクショナルは、シミにピンポイントで照射します。
 
熱さやヒリヒリとした痛みがありますので、広範囲の治療をする場合は、塗る麻酔を併用します。
 
両頬の治療で、麻酔に30分、照射に10分程です。
 
 
 
 
 
 
一般的にしみと呼ばれているものには
 
 
老人性色素斑
加齢・紫外線の影響でできる茶色いシミ。
 
 
そばかす(雀卵斑)
遺伝的に発生することが多く、鼻を中心に両頬へ点在する小さな褐色斑。
 
 
ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
両頬、小鼻などにできる、灰褐色に見える斑点状の色素斑で、アザの一種。
 
 
 
がありますが、このどれも治療可能です。
 
 
 
特にADMはこの治療法がファーストチョイスだと考えます。
 
 
ADMは両頬の広範囲にわたって広がっていることが多く、テープ必須の治療ではテープだらけになり、かなり目立つので治療を諦めていた方が多いのです。
 
 
ADMと言われたけれど、テープを貼るのが難しく諦めていた方。
 
 
ぜひご相談くださいませ。
 
 
 

箕面市
阪急桜井駅から徒歩2分

〒562-0043
大阪府箕面市桜井一丁目7番20
宝メディカルビル201

きれいな肌を育てる美容皮ふ科
はだいろはクリニック

院長 井上礼奈

 

 

 

 

 
 
院長 井上礼奈
このブログを書いた人
院長
井上 礼奈
もしお顔のしみがなかったら、、、
もししわが目立たなくなったら、、、
お肌が健やかで若々しいと鏡を見るのが楽しくなります。
新しい洋服やヘアスタイルにも挑戦したくなります。
はだいろはクリニックは、皆さまが毎日の生活をより前向きに楽しむためのお手伝いをさせていただきます。
当院はこじんまりとしたアットホームなクリニックです。
どうぞお気軽にご相談ください。
はだいろはクリニックの
講座のお知らせ
第2回 はだいろはセミナー開催のお知らせ*
page top
MENU CLOSE